しろくまの宝箱

このブログでは、登山やカメラのこと、それらにまつわる買い物などを主に書いていきます。

しろくまの宝箱

旧型のMacBook Pro(Mid 2015)をあえて新品で購入した話 2017.10.6

2017年10月6日にMacBook Pro(Mid 2015)を購入しました。

f:id:wondertrek:20171027211626j:plain

2010年にMacBook Airを買って以来なので7年ぶりの買い替えです。 さすがに7年経過するといつ壊れてデータが吹っ飛んでもおかしくない状態なので、清水の舞台から飛び降りてヘソクリがスッカラカンになりました。

MacBook Pro(Mid 2015)に決めた理由

最新型のMacBook Proが欲しいというのが本音ですが、さすがに30万円オーバーは高過ぎです。Touch Barも故障の原因になりそう。また、USB がType-Cのコネクターのみということで、今持っている周辺機器を使うには更なる投資が必要だし、SDカードスロットは本体に直付けされてた方が便利に決まってます。プロユースと同じ処理能力が必要なわけでもないので、割り切って2年前にリリースされたモデルに決めました。最新型じゃなくてもRetina displayなので画面がとても綺麗!メモリーも16GB搭載しているので、アプリもサクサク動くだろうし、将来のOSバージョンアップに対する備えも万全です。

どこで買うのが一番安いのか?

Apple製品はどこで買っても値引き額がほとんど変わらないのはよく知られたこと。少しでも安く買うためにApple公式の「整備済み製品」を買おうと思っていたけれど、どうやらヤマダ電機は「値引き+ポイント」があるらしい。 徹底的な価格交渉の結果、ポイントを加味すると新品なのに整備済み製品よりも大幅に安くなる条件を勝ち取ったので即決しました(フロア長の顔から笑みが消えていたのは言うまでもない)。


iPadを買ってからというもの、パソコンの使用頻度が大幅に下がっているのは残念な事実。せっかく買ったので今までやってみたかった写真のRAW現像や動画編集でもやって、何とかもとを取りたいなと思ってます。