読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろくまの宝箱

このブログでは、登山やカメラのこと、それらにまつわる買い物などを主に書いていきます。

安全登山フェスタ2016に行ってきた@2016.12.04

2016年12月4日、安全登山フェスタ2016(主催:チーム安全登山、会場:毎日ホール)に行ってきました。

f:id:wondertrek:20161205211908j:plain

安全登山について考えるこのイベント、イラストレーターの鈴木みきさん、山岳専門の気象予報士猪熊隆之さん(ヤマテン代表)を始めとする豪華なゲストを迎えてのトークショーがありました。

 イベントの合間にみきさんと猪熊さんのサイン会がありました。お二人の著書にサインをいただけて大満足〜!

f:id:wondertrek:20161205125312j:plain

長野県警山岳救助隊副隊長 弦間将樹さんのお話は、現場の生の声が聴けてとても興味深かったです。

興味を持ったところだけですが、まとめるとこんな感じです。

  • 長野県警山岳救助隊の人数は40人弱で各山域に分散している。普段は地上勤務をしており、通報を受けてから出動する。上高地まで車移動、そこからの徒歩移動を合わせると、現場まで4〜5時間かかることもある。
  • 救助費用の負担額の平均約120,000円。
    山小屋などからの民間救助隊の協力を得ると100万円を超えることもある。ヘリは県警所有の2台を使用し、民間ヘリを使用することはほとんどない。「ヘリを要請すると何百万も請求される」というのは過去の話になったとのこと。
  • ヘリは30分ほどで松本から急行可能。
    ヘリの定員は15名程度だが、高所でホバリング(空中静止)による救助は難易度が高く、できるだけ機体を軽くする必要性があり、燃料も最低限しか積んでいない。救助時の最大乗員は4〜5名を想定。そのため要救助者の同行者は搭乗できない。
  • 長野県警ではアマチュア無線による救助要請の受付体制はない。(調べたところ、緊急用のチャンネルを受信した第三者による電話通報に頼るしかないようです。)
  • GPS機能付きのスマホで通報すると、位置情報が特定できる。
    ただし電波状態により誤差が1km以上発生する場合ある。スマホGPS受信機で正確な緯度・経度を伝えられると早期救助につながる。
  • ヘルメットを着用していれば生存率は大きく上がる。上高地〜奥穗高間なら、横尾からの着用を推奨。

長く山登りを続けるためにも、「脱初心者~!」と慢心せずに、日頃から『安全登山』を心掛けるようにします。