読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろくまの宝箱

このブログでは、登山やカメラのこと、それらにまつわる買い物などを主に書いていきます。

山めし礼讃:げんさんの山めしセミナーに行ってきた@2016.09.10

“げんさん”による山めしセミナー「簡単、おいしい、山歩きが楽しくなる山ごはん」に行ってきました。

参考になるお話を本人から直接聞けて、山めしを味見できて、サプライズもあって充実した1日となりました。受講料3,700円は少し高いかな?と思ってましたが、終わってみれば大満足でした。

げんさんとは

げんさんは、ブログ「山めし礼賛」の管理人さんです。山とお酒をこよなく愛する、登山カテゴリーのカリスマブロガーのひとりです。この方の手にかかれば、どこでも手に入る食材が極上の一皿に生まれ変わります。
最近ではNHK-BSプレミアムの「にっぽんトレッキング100」というテレビ番組で、「ビールにあう山めしおつまみミニコーナー」を担当されていました。
そんなげんさんは、私が尊敬する登山家(兼料理人?)の一人です。


会いにいってみよう

「げんさんが作った料理をいつか食べたい!」というのが、私の夢の一つでした。山に行ったときは本人がいないか周囲を探します。しかし、そう簡単にお会いできるものではありません。お会いできたとしても「食べさせてください!」とは言い出せないでしょう…。

そんな中、山めしセミナーを開催するとブログでの告知がありました。しかも、げんさんによる調理実演と試食付きです。「鴨がネギを背負ってやってきた!」とはまさにこのこと、すぐさま申込みしました。(受講料が3700円だったので、少しだけ悩んだのは内緒です…。)開催は2か月以上先なので、待ち遠しかったです。


そしてご対面!

f:id:wondertrek:20161029223330j:plain

9月上旬、台風の影響があって雨の日が続いていました。でもセミナー当日は、多少の雲があるものの見事な晴れ。貴重な山日和になぜか横浜・桜木町駅に降り立ちました。会場はランドマークプラザにある「NHK文化センター横浜ランドマーク」です。

f:id:wondertrek:20161029223353j:plain


開場前に施設内のトイレをお借りしたら、準備中のげんさんにバッタリ!でもここは、はやる気持ちを抑え、気づかないフリをして通り過ぎました。
一番乗りで会場に入ると、そこにはトレードマークの青いシャツを着たげんさんが!すぐに著書の「山めしおつまみ」にサインをいただき、記念写真をお願いしてしまいました!

f:id:wondertrek:20161029231947j:plain


セミナー開始

f:id:wondertrek:20161029223409j:plain

定刻になると、プロジェクターを使ってのプレゼン形式で講座が始まりました。
主なトピックは、こんな感じでした。
・登山を始めたきっかけ
・山めしを始めたきっかけ
・四季に応じた山の楽しみ方
・冬山登頂時の動画上映(アクションカム撮影)
・山めしレシピの紹介
・愛用の調理道具や調味料の紹介

食材発掘時やレシピを考えるときの苦労話、番組収録時の裏話などを交えて講座を進めてくださりました。

※紹介いただいたレシピの詳細は、ブログや書籍でも確認できます。


「山でお酒をおいしく飲むための料理」

これがげんさんの山めしのコンセプトです。
山めしで使う食材は「入手しやすい、軽い、日持ちする」を基準に選定されています。これに「水を無駄にしない、後片付けが楽、食材を調理器具や食器する」などの経験にもとづく「知恵」、そして「彩り」や「遊び心」をプラスして、げんさん流の山めしレシピを完成させているようです。

 

お待ちかねの調理実演と試食

今日のメニューは、以下の2品です。

いかくんサラダ
マッシュルームのアヒージョ

f:id:wondertrek:20161029223434j:plain

実演が始まった時点で、残り時間は30分、試食する時間が確保できるのか気になってしまいます…。また、今回は屋内のためIHヒーターでの調理です。しかも普段の10倍以上の分量なので、火加減に苦戦されていました。そこは百戦錬磨のげんさん、解説をしながら手早く調理を進めていき、あっという間に2品を仕上げてしまいました。

f:id:wondertrek:20161029225246j:plain

でも、なにか物足りないものが……と思っていた所、げんさんからのサプライズ、よく冷えたビールの差し入れがありました!これで名実ともに“げんさんの山めし”が完成です。
げんさんの音頭で乾杯し、試食タイムがスタート!

f:id:wondertrek:20161029225312j:plain

いかくんサラダは、厚めに切ったきゅうりとセロリのシャキシャキ感が心地よく、燻製香とセロリの香りが混然となって絶妙な風味です。マヨネーズの濃厚さと、京一味の刺激がたまりません。

アヒージョも、缶詰のマッシュルームをパスタソース(ペペロンチーノ)とコンソメ顆粒で煮込んだものとは思えないような芳醇な香りと食感です。別に用意してくださったフランスパンで、残ったソースもペロリです。

普段の食事では350ml缶ビール半分程度を飲むのがやっとの私ですが、げんさんの山めしは試食しただけで軽く1本飲み干してしまいました。
どちらのレシピに共通して言えるのは、単に辛い・味が濃いというわけではなく、“ビールによく合う味”なのです。ビールの味を知り尽くしている、げんさんならではのレシピでした。


試食中はげんさんへの質問タイムもありました。料理のことや、プライベートのこと、オフレコの話など盛りだくさん。げんさん愛用の調理器具の展示もありました(というか勝手に並べたのですが…)。

f:id:wondertrek:20161029223556j:plain


気が付けば終了時刻を20分も過ぎていました。ここで講座は終了です。(このあと30分もすれば、別のセミナーが始まります。アルコール、ニンニク、いかくんの臭いが換気できたのか気になるところ…。)


げんさんが打ち上げに参加!

受講生の1人が、有志メンバーの打ち上げにげんさんをお誘いしたところ、快諾してくださりました。まさかげんさんとお酒が飲める機会ができるとは、全く予期していませんでした。これは2度とないと思い、私も参加させていただくことにしました。

会場は桜木町駅からすぐの野毛エリアで、受講生の行きつけのお店を3件ほど回りました。
お酒の席では、げんさんの武勇伝はもちろんのこと、受講生の体験談を聞いたり情報交換を行ったりしました。あっという間に3時間が過ぎ、げんさんを桜木町駅までお見送りして解散しました。
げんさんは野毛で飲まれたことがほとんどなく、満足されていたようです。

f:id:wondertrek:20161029223604j:plain

お世話になったお店はこちら

 

まとめ

今回のセミナーの受講者は、長年のファン、最近テレビで知った人、実際に山小屋でお会いしたことがある人、山登りを始めたばかりの人と多種多様でした。でも参加された方全員、満足されていたように思えます。げんさんの山と料理とお酒に対する情熱が伝わったのでしょう。
当然、私は大満足です。今回教えていただいた内容を活かして、山めし作りに精進したいと思います。また、サインしていただいた本と、いただいた名刺は宝物にします。

心残りとしては、おなじみの準備体操「ヒンズースクワット」をお願いしそびれましたが、次回お会いできたときのお楽しみにします。