しろくまの宝箱

このブログでは、登山やカメラのこと、それらにまつわる買い物などを主に書いていきます。

スマートウォッチになったCASIO PRO TREK「WSD-F20」の製品モニターに当選!@いいねオフィス上野 2017.12.5 #アウトドアアンバサダー #プロトレックスマート

このたび、アウトドア アンバサダーの製品モニターに当選し「CASIO PRO TREK SMART WSD-F20」を3ヶ月間にわたりお借りできることになりました。
この製品で出来るたくさん機能とその魅力はもちろんのこと、不満点や新製品に期待することをお伝えできればと思っています。

f:id:wondertrek:20171206211148j:plain

PRO TREK SMART WSD-F20
かっこえぇ〜

PRO TREKとは

PRO TREKはご存知のとおり「アウトドアウオッチ」の代表格。方位磁針・気圧計・高度表示などの機能を備えており、登山やマリンスポーツを始めとしてさまざまなアクティビティで利用されています。
そんなワイルドなPRO TREKに都会的な「スマートウオッチ」を合体させたのが「WSD-F20」。GPSによる位置情報・ネットワーク通信機能・カラー液晶画面を備えたことによって、今までのPRO TREKとは別次元の体験ができるようになりました。またバッテリー消費にも配慮されており、モノクロ液晶も備える二層構造のディスプレイになっています。しかもアメリカ軍の物資調達規格MIL-STD-810に準拠した高い耐環境性能(温度・湿度、振動、衝撃など)をもっています。まさにスポーツも勉強もできる二刀流の腕時計なのです。前モデル(WSD-F10)には無かった「PRO TREK」の名を冠したのもCASIOの自信の表れだと思います。

イベントにいってきました

製品モニターにあたって、PRO TREK Smartの受け取りを兼ねてイベントが行われました。このイベントではCASIOの開発担当者から直接お話を伺えて、かつ同様の趣味をもつ人が集まり情報交換が行える貴重な機会となっています。

会場は上野駅からほど近い「いいねオフィス 上野」です。会社最寄り駅から20分程度と近く、毎日2時間以上かけて通勤していて本当に良かった!と思った瞬間です。

f:id:wondertrek:20171206211129j:plain

パンダ効果で今が旬の上野駅

会場の中に入ってみるととても意識が高そうな内装です。そして著名なブロガーの方々が目に飛び込んできました。(あとでわかったことですがInstagramのフォロワーさんもいたようです)零細ブロガーの私には場違いな感じです。

f:id:wondertrek:20171207220330j:plain

皆さん先に食事されてました。

f:id:wondertrek:20171206211155j:plain

美味しそうな食事、ごちそうさまでした。

指定のテーブルにつくと、偶然にも山めし礼讃のげんさんと同じグループになることに!1年以上のご無沙汰でしたがご挨拶させていただきました。

定刻になるとプロモーション担当:白宮さんのご挨拶で始まり、開発・商品企画担当:岡田さんより参加者全員への製品説明が行われました。岡田さんは入社後、デジカメのソフトウェア開発に携わっていたそうです。2012年からはスマートウオッチの商品企画を行って、4年の歳月をかけて先代のWSD-F10をリリースしたそうです。登山が趣味でプライベートでも冬山にも行かれるようになったとのことで、実際にこの製品を持ち込まれたときのエピソードも聞かせていただけました。

f:id:wondertrek:20171206211109j:plain

説明は新規事業開発部 岡田佳代さん

その後、各テーブルごとにCASIOの担当者がついて、個別に使い方や質問への対応を行っていただきました。私達のテーブルには、先ほど演台で説明いただいた岡田さんに来ていただけました。

参加者の皆さん、やはり注目していた製品だけあって熱い質問や要望が次々と出てきます。販売店では聞けないような情報はもちろんのこと、非公開のスペックなどは具体的な数値は教えていただけませんでしたが、開発担当ならではの表現で回答していただけました。岡田さんも私たちからのメッセージをきちんとメモされて、宿題として持ち帰ってくださいました。

f:id:wondertrek:20171206211138j:plain

各テーブルで実機を使っての説明

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうもので、90分にわたるイベントは最後に全体写真(顔出しOKの方のみ)を撮って終了となりました。

時間の都合もあって、同じテーブルについた人としか話せなかったのがとても残念。もう少し参加者同士の交流の時間があってもいいかなと思いました。

感想

このWSD-F20がリリースされたのが2017年4月。とても欲しかったのですが、販売価格は約5万円。購入しても全く役に立たないものだったら、安月給のサラリーマンにとっては絶望の淵に立たされるレベルの金額です。そんな思いを抱え込んで半年以上悶々と過ごしてきました。
ですが今回は身銭を切ることなく、3ヶ月の長期にわたってお借りできる機会を与えていただけて、この企画とCASIOさんの御好意にとても感謝しています。

PRO TREK WSD-F20の良い所・悪い所を私なりにレビューして、皆さんの購入判断のお役に立てればいいなと思っていますので、何卒よろしくお願いいたします。

冬の低山シーズン開幕!富士山を拝みに「道の駅どうし」からの山歩@菰釣山 2017.11.26

2017年11月26日に菰釣山に行ってきました。最近めっきりと寒くなり、2,000m級の山へ行くのが厳しくなってきました。そんなわけでこの時期は近場の低山ばかりを徘徊しています。

菰釣山(1,379m)

神奈川と山梨の県境にある山で、「こもつるしやま」と読みます。初見で読める人はいないでしょう。詳細は以下のリンクを参照してください。

 菰釣山は丹沢の北西部に位置しますが、電車・バスによるアクセスは難しく、マイカーを使うことになります。その拠点として「道の駅 どうし」を使わせてもらいました。
駐車場に着いたのは7時半過ぎ。この時間、奥の駐車場はまだ閉鎖されていて、続々とくる車で満車寸前でした。

f:id:wondertrek:20171129210300j:plain

早朝は駐車スペースに制限あり

8時前に道の駅を出発、この時点での気温は約0℃!民家の車や畑は霜で凍りついていて、冬の到来を実感しました。

f:id:wondertrek:20171129205810j:plain

川の水も冷たそう〜

f:id:wondertrek:20171129205816j:plain

畑が凍ってます

f:id:wondertrek:20171129205823j:plain

朝日がきれい

「道志の森キャンプ場」の脇を通り過ぎ、登山口があるゲート付近までは砂利道だけど車が通れるようになっています。傾斜も緩やかなので沢沿いの道をのんびりと歩くことができます。残念ながら紅葉はほぼ終了してました。

f:id:wondertrek:20171129205835j:plain

皆さん朝食の最中でした

f:id:wondertrek:20171129205842j:plain

車道歩きが1時間以上…

f:id:wondertrek:20171129205852j:plain

沢沿いに登ります

地図で水場となっている辺りを過ぎるとその表情が一変し、垂直な壁かと思うほどの斜面を「菰釣避難小屋」への分岐まで登ります。ふくらはぎが痛かった〜!

f:id:wondertrek:20171129205908j:plain

写真だとわかりにくいけどかなりの急登

分岐まで出ればあとは山頂への尾根道を登るだけ。避難小屋で宿泊日誌を見たら、前日は10名弱が泊まったようです。このスペースで寝られたのかな?

f:id:wondertrek:20171129205914j:plain

避難小屋への分岐

f:id:wondertrek:20171129205922j:plain

菰釣避難小屋

f:id:wondertrek:20171129205930j:plain

避難小屋の中はとてもきれい

山頂に到着すると富士山がド~ンと広がってました。左には愛鷹山、右には南アルプスを従えて堂々たる姿。登っている間は全く見えなかったので嬉しさ倍増です!久しぶりに大きな富士山が見れて良かった〜!来年の年賀状はここでの写真かな?!

f:id:wondertrek:20171129205941j:plain

山頂目前

f:id:wondertrek:20171129205947j:plain

富士山ド〜ン!

f:id:wondertrek:20171130223521j:plain

さらにド〜ン!

f:id:wondertrek:20171129210003j:plain

南アルプス

身体は温まっていたけど、風にさらされてあっという間に凍えるほどに…。手早くランチをとって城ヶ尾峠経由での下山を開始します。

f:id:wondertrek:20171129210040j:plain

菰釣山 山頂

f:id:wondertrek:20171129210033j:plain

山頂にはベンチ2台あり

峠に行くまでの尾根道はとても気持ちがいいです。しかし「ブナ沢ノ頭」と「城ヶ尾山」の2つのピークを越えるには急な階段を登る必要があるので、覚悟ができていないと絶望する感じです。

f:id:wondertrek:20171129210047j:plain

なだらかな尾根道

f:id:wondertrek:20171129210054j:plain

向こうに見えるピークを超えていく…

f:id:wondertrek:20171129210100j:plain

丹沢名物(?)の急階段

f:id:wondertrek:20171129210109j:plain

中ノ丸

城ヶ尾山の手前では視界が大きく開けました。向かいの山の中腹から煙が上がっていたので、おそらく大涌谷かな〜と。その右の水面は芦ノ湖かな?

f:id:wondertrek:20171129210127j:plain

中央が大涌谷

f:id:wondertrek:20171201211300j:plain

さらにド〜ン!

f:id:wondertrek:20171129210134j:plain

城ヶ尾山 山頂

「城ヶ尾峠」からはキャンプ場に向けて下ります。峠からすぐの所に危険マーク地帯があり、片足の幅程度しかない所を数カ所トラバースしていかなければならず、足がすくみます。それを乗り切ってゲートまでたどり着けば、また車道と合流してキャンプ場経由で道の駅 どうしに戻れます。

f:id:wondertrek:20171129210143j:plain

城ヶ尾峠

f:id:wondertrek:20171129210158j:plain

道幅が狭くて危険!

f:id:wondertrek:20171129210252j:plain

道の駅のカッパ像

感想

地図で確認していたときは、「大半が車道歩きだから楽チン」と思ってました。いざ現地に立ってみると、急登に阻まれたり、その登りがいの多さに驚きました。本当は「鳥ノ胸山(とんのむねやま)」も一緒に周回しようと思っていたのですが、日没も早まっているこの時期なので無理をせず良かったなと思っています。
結局、この日に出会ったのは山頂付近であった5人+犬1匹。山頂以外はあまり魅力がないのがその理由でしょうか。考え事をしたいときに1人でいくのもアリかもしれません。
山頂からの富士山の眺めは本当に素晴らしいの一言。その反面、見えなかった場合は魅力がほとんどありませんので、決行日の天候判断は慎重になることをお勧めしますよ。

参考データ

駐車場

  • 道の駅どうし:100台(時間帯により封鎖区画あり)
  • 道志の森キャンプ場:30台(500円/日)、駐車場脇に簡易トイレあり 

GPSデータ

f:id:wondertrek:20171128213450p:plain

GPSログ解析

開始日時 2017/11/26 07:56:06 終了日時 2017/11/26 14:06:21
水平距離 14.68km 沿面距離 15.21km
経過時間 6時間10分15秒 移動時間 5時間13分53秒
全体平均速度 2.46km/h 移動平均速度 2.82km/h
最高速度 6.00km/h 昇降量合計 1821m
総上昇量 908m 総下降量 913m
最高高度 1388m 最低高度 701m

区間解析

地点名 通過時刻
移動時間
積算距離
区間距離
平均速度 標高
獲得標高
平均勾配
道の駅 どうし 07:56:06 0.00km   708m  
  00:30:56 1.70km 3.3km/h ↑68m ↓23m 2.73%
落合橋 08:28:45 1.70km   755m  
  00:47:04 2.66km 3.4km/h ↑231m ↓5m 8.73%
水場 09:18:01 4.37km   980m  
  00:35:22 1.15km 1.9km/h ↑216m ↓2m 20.29%
菰釣避難小屋 09:53:47 5.51km   1213m  
  00:23:29 0.84km 2.1km/h ↑160m ↓0m 19.88%
菰釣山 10:20:20 6.35km   1378m  
  00:20:03 0.95km 2.3km/h ↑0m ↓171m -19.12%
菰釣避難小屋 11:09:17 7.30km   1208m  
  00:34:27 1.39km 2.4km/h ↑127m ↓75m 3.85%
中ノ丸 11:44:51 8.69km   1259m  
  00:36:08 1.76km 2.7km/h ↑58m ↓165m -6.31%
城ヶ尾峠 12:35:07 10.45km   1148m  
  00:44:06 1.97km 2.6km/h ↑3m ↓326m -17.12%
水晶橋 13:24:03 12.42km   825m  
  00:17:39 1.17km 4.0km/h ↑12m ↓75m -5.43%
落合橋 13:41:42 13.60km   765m  
  00:24:39 1.62km 3.9km/h ↑13m ↓75m -3.87%
道の駅 どうし 14:06:21 15.21km   701m  

相模湾を望む農園でランチ@一夜城ヨロイヅカファーム 2017.11.23

2017年11月23日に小田原の「一夜城ヨロイヅカファーム」に行ってきました。
こんな豪勢な食事は1年のうちで特別な日だけです。前日に電話をしたら運良く予約できました。

午前中は強い雨が降っていたけれど、お店に着いたときには日差しが出るほどになりました。

f:id:wondertrek:20171125214335j:plain


事前の調べだと「駐車場は一夜城歴史公園と共用なので混雑」とのことだったけど、こんな天気だったからか、余裕をもって停められました。

f:id:wondertrek:20171125214504j:plain

f:id:wondertrek:20171125214214j:plain

ですがパティスリーはお客さんで中々の混み具合。入口そばに並んでいたパンは見るからに美味しそう!スイーツへの期待がふくらみましたが、レジには長蛇の列ができていてショーケースには近づけず…。

f:id:wondertrek:20171125214119j:plain

f:id:wondertrek:20171125214137j:plain

 

この日のランチメニューはこんな感じ。地元産の食材をふんだんに使ったメニューです。

  • 前菜:パルマ産生ハムと自家製ベーコンのサラダ 相模原鳳凰卵のポーチ・ド・エッグ添え

f:id:wondertrek:20171125214152j:plain

  • 前菜(相棒分):北海道産タラのブランダート マルシェ野菜のサラダ添え トリュフの香り

f:id:wondertrek:20171125214356j:plain

  • メイン:神奈川県産黒毛和牛ホホ肉の赤ワインブレゼ 地物野菜とポテトピューレ添え

f:id:wondertrek:20171125214320j:plain

  • デセール:ケーキアソルティ(おすすめケーキ2種類とアイスの盛り合わせ)

f:id:wondertrek:20171125214101j:plain

  • デセール(相棒分):小田原産ハチミツのムースグラッセとレモンクリーム オレンジアイスを添えて(お誕生日バージョン)

f:id:wondertrek:20171125214449j:plain

この他にも、こんなメニューがついて盛りだくさん。

f:id:wondertrek:20171126205517j:plain

  • アミューズ箱根山麓豚のリュエット
  • パン:大豆をたっぷり練り込んだ大豆パン/米粉を使用しモチモチに焼いたコメパーネ/ペースト状にしたレーズンを練り込んだほんのりレザン
  • 小さなスープ:里芋のポタージュ
  • アヴァンデセール:巨峰とグレープフルーツジュレ
  • コーヒー/エスプレッソ/紅茶

気がつけばあっという間に2時間が経ってました。


食後はマルシェでお買い物。地元産の野菜や果物が販売されています。ミカンがお安く買えて満足でした。

 

せっかく小田原まで来たので一夜城歴史公園をサクッと散策しました。展望スポットからは相模湾小田原市街から遠くのランドマークタワーまでが見渡せます。(あとで写真を見たら小田原城と新幹線も写ってました!)

f:id:wondertrek:20171125233834j:plain

展望以外にはあまり見どころがなかったかな?!

f:id:wondertrek:20171125213916j:plain

 

再びヨロイヅカファームに戻って、今度は園内を散策です。

f:id:wondertrek:20171125213957j:plain

相模湾を一望できる場所に故・川島なお美さんの慰愛碑がありました。

f:id:wondertrek:20171125214236j:plain

その傍らでハグしているカエルたち。

f:id:wondertrek:20171125214410j:plain

何か意味深な感じでしたが、どうやらなお美さんがバリ島で気に入って購入したもので、オープン時に農園内に設置したようです。

https://ameblo.jp/naomi-kawashima/entry-11020470093.html

 

食事も美味しく、景色も良くておすすめのお店でした。会社の宴会と同じような予算ですが、その数倍満足できますよ。メニューが変わった頃、お財布に余裕ができたら再訪したいですね。  

リハビリ山歩 Part 2@檜洞丸 2017.11.12

2017年11月12日に丹沢の檜洞丸に行ってきました。

今年の5月にシロヤシオを目的に訪れています。年二回も登るのは稀なことです。

紅葉が気になっていたけれど、前週がピークと言われ、追い討ちをかけるように未明の暴風だったので、紅葉は半ば諦めての登山です。いざ「西丹沢ビジターセンター」に到着すると目の前には真っ赤なもみじがありました!

f:id:wondertrek:20171116222621j:plain

これを見て期待値が上がってしまったのですが、「ツツジ新道」に入ってからは色が淡くなったり、枯れ落ちていました。ですが所々に鮮やかな紅葉が残っていて、目の保養をさせてもらえます。

f:id:wondertrek:20171116222644j:plain

紅葉と富士山を組み合わせて撮りたかったのですが、残念ながら標高を上げるに連れて、富士山は雲の中に消えてしまい、この目的は達成できず。

f:id:wondertrek:20171116222605j:plain

f:id:wondertrek:20171116222532j:plain

f:id:wondertrek:20171116222627j:plain

登山道の整備に遭遇しました。休日に本格的な作業を行っているのは珍しいのではないのかな?安全に登山できるのも、こういった作業を地道に行って頂いている方々のおかげなので感謝しきりです。

f:id:wondertrek:20171116222513j:plain

山頂はシロヤシオのシーズンと違ってガラガラでした。静かな山頂もいいけど、少し不気味な感じもします。

f:id:wondertrek:20171116222522j:plain

トイレを借りに「青ヶ岳山荘」へ下ります。ここの階段から見える「丹沢主脈」が何気に好きだったりします。神奈川県最高峰の「蛭ヶ岳」を再訪したいけど、さすがに日帰りは体力的に厳しくなってきました。

f:id:wondertrek:20171116222635j:plain

それにしても青ヶ岳山荘の外装色、紅葉よりも鮮やかです…。

f:id:wondertrek:20171116224811j:plain

f:id:wondertrek:20171116222557j:plain

いつもは「犬越路」経由で戻っていたけれど、少し飽きてきていたのでピストンで帰ることにしました。実は渡渉が苦手なので、1日に2度も「ゴーラ沢」を渡りたくないのが本音です。

f:id:wondertrek:20171116222455j:plain

ビジターセンターに到着して思ったことは、「ここが1番綺麗な紅葉だった…」でした。探し求めているものは、案外近くにあるものです。

f:id:wondertrek:20171116222439j:plain

さて膝の具合は?

塔ノ岳・檜洞丸と2週連続で丹沢では登りがいのあるルートを歩いてきましたが、膝の不安感はなくなり膝痛が悪化する前の状態に戻れた気がします。2ヶ月休んでも劇的に回復したわけではないので、「下りで痛くなる膝」とは長く付き合う必要がありそう…。ですが体力の衰えも少なく、今まで通り山歩きが続けられそうで一安心です!

 

参考データ

GPSデータ

f:id:wondertrek:20171201211930p:plain

GPSログ解析

開始日時 2017/11/12 08:03:41 終了日時 2017/11/12 14:10:06
水平距離 10.70km 沿面距離 11.66km
経過時間 6時間06分25秒 移動時間 4時間51分43秒
全体平均速度 1.91km/h 移動平均速度 2.29km/h
最高速度 7.48km/h 昇降量合計 2241m
総上昇量 1121m 総下降量 1120m
最高高度 1601m 最低高度 546m

区間解析

地点名 通過時刻
移動時間
積算距離
区間距離
平均速度 標高
獲得標高
平均勾配
西丹沢ビジターセンター 08:03:41 0.00km   546m  
  00:47:06 2.45km 3.1km/h ↑218m ↓18m 8.69%
ゴーラ沢出合 08:54:42 2.45km   747m  
  00:38:49 1.25km 1.8km/h ↑309m ↓0m 27.31%
展望園地 09:40:20 3.70km   1073m  
  00:45:24 1.34km 1.7km/h ↑420m ↓0m 36.39%
分岐 10:30:35 5.04km   1511m  
  00:13:34 0.57km 2.5km/h ↑84m ↓0m 15.06%
檜洞丸山頂 10:44:43 5.61km   1599m  
  00:04:15 0.15km 1.7km/h ↑0m ↓22m -15.47%
青ヶ岳山荘 10:52:37 5.77km   1568m  
  00:03:50 0.16km 1.8km/h ↑21m ↓0m 14.91%
檜洞丸山頂 11:05:33 5.93km   1599m  
  00:13:16 0.68km 2.6km/h ↑0m ↓86m -13.05%
分岐 11:45:00 6.60km   1510m  
  00:44:37 1.37km 1.7km/h ↑0m ↓419m -35.58%
展望園地 12:37:45 7.97km   1076m  
  00:36:32 1.30km 2.0km/h ↑0m ↓310m -26.72%
ゴーラ沢出合 13:25:15 9.27km   747m  
  00:44:20 2.39km 3.2km/h ↑19m ↓219m -8.79%
西丹沢ビジターセンター 14:10:06 11.66km   546m  

 

f:id:wondertrek:20171116221953j:plain

 

リハビリ山歩 Part 1@塔ノ岳 2017.11.5

 2017年11月5日、丹沢の塔ノ岳(大倉尾根)に行ってきました。

膝痛の回復のために山歩きを離れて、あっという間に2ヶ月が過ぎました。ズボンの太腿回りがゆるくなって、逆に腰回りがきつくなったりで、体内の「肉バランス」が取れていることを実感しています。

先週トレランコースを歩いてみて、膝への不安感がかなり払しょくできたので、久々の山歩きへ繰り出しました。場所は「いつもの塔ノ岳(通算34回目)」です。連休で遠出ができるチャンスだったのに、私の勘違いでいつものコースになってしまいました。

3連休の最終日、天気も晴れ予報とのことで、大倉尾根はいつも以上に混雑しています。1年で1番混雑しているのではないのかな?駐車場では隣に富山ナンバーのマイクロバスがとまっていました。丹沢山までの百名山ツアーですかね。

f:id:wondertrek:20171116214356j:plain

f:id:wondertrek:20171116212611j:plain

この時期最大の目的となる紅葉は「堀山の家」から「金冷シ」のあたりに見ごろの木がありました。これからもっと色が深くなるのかもしれませんが、全体的に淡い色合いです。(登るのに精一杯で写真を撮る余裕なし…。)

f:id:wondertrek:20171116212601j:plain

f:id:wondertrek:20171116212548j:plain

登っていくに連れて段々と雲が多くなり、日差しを遮るようなこともたびたび…。ですが山頂では富士山がかろうじて顔を見せてくれました。

f:id:wondertrek:20171116212522j:plain

初冠雪のニュースが流れていたので白く雪化粧した姿を想像していたのですが、夏と変わらぬ姿に拍子抜け…。ですが裾野に見える西丹沢方面には見事な紅葉が広がっていました。広い丹沢、場所や標高によって紅葉の進み具合もまちまちなので、あと数日で大倉尾根も違った姿が見れるかもしれませんね。年賀状のためにもう一度登るようかな?!

参考データ

GPSデータ

f:id:wondertrek:20171130224148p:plain

GPSログ解析

開始日時 2017/11/05 07:20:46 終了日時 2017/11/05 13:16:35
水平距離 13.31km 沿面距離 13.77km
経過時間 5時間55分49秒 移動時間 5時間02分41秒
全体平均速度 2.32km/h 移動平均速度 2.67km/h
最高速度 5.60km/h 昇降量合計 2417m
総上昇量 1203m 総下降量 1214m
最高高度 1491m 最低高度 303m

区間解析

地点名 通過時刻
移動時間
積算距離
区間距離
平均速度 標高
獲得標高
平均勾配
大倉山の家 07:20:46 0.00km   308m  
  00:35:12 1.89km 3.2km/h ↑272m ↓0m 14.81%
雑事場ノ平 07:55:58 1.89km   600m  
  00:48:55 2.50km 3.0km/h ↑349m ↓17m 13.65%
堀山の家 08:48:12 4.39km   952m  
  00:18:17 0.60km 1.9km/h ↑126m ↓0m 22.16%
天神尾根分岐 09:07:00 4.99km   1127m  
  00:34:24 1.21km 2.1km/h ↑231m ↓1m 20.00%
金冷シ 09:44:28 6.20km   1359m  
  00:15:13 0.61km 2.3km/h ↑84m ↓0m 14.33%
塔ノ岳 山頂 10:00:21 6.81km   1491m  
  00:17:38 0.81km 2.3km/h ↑0m ↓107m -13.59%
金冷シ 10:52:24 7.62km   1372m  
  00:29:41 1.18km 2.3km/h ↑0m ↓241m -21.30%
天神尾根分岐 11:28:46 8.80km   1119m  
  00:15:48 0.59km 2.2km/h ↑0m ↓127m -22.71%
堀山の家 11:46:17 9.39km   953m  
  00:52:57 2.46km 2.8km/h ↑16m ↓354m -14.08%
雑事場ノ平 12:41:59 11.86km   588m  
  00:34:36 1.91km 3.3km/h ↑0m ↓275m -14.82%
大倉山の家 13:16:35 13.77km   331m  

 

f:id:wondertrek:20171116211725j:plain

 

近所に絶好のトレーニングスポット発見!@飯山トレイルランニングコース 2017.10.30

2017年10月30日に厚木市の「飯山トレイルランニングコース(もみじコース)」を歩いてきました。

f:id:wondertrek:20171102223004j:plain

 

台風一過で晴天のこの日、悪天候や膝痛で山歩きから2ヶ月離れていたのでトレーニングをしたいなと考えていました。でも思い立ったのが遅かったこともあり半ば諦めていたところ、市の広報にトレランコースのことが載っていたことを思い出しました。2012年に整備されたらしいけど、自宅から近すぎて興味がなくてまだ未踏。ここであれば車で20分もかからないので急いで身支度・装備を整えて家を飛び出しました。膝への負担を少なくするために装備は最低限のものを選別、カメラもiPhoneで間に合わせました。

 

車を中腹の「飯山観音」の駐車場に停めましたが、コースを正確にトレースするためにスタート地点の庫裡橋まで下ります。スタート地点のすぐそばに「飯山トレイルランニングステーション」があったけど、この日は開いてませんでした。看板には「手荷物預かり所」とあり厚木市観光協会が運営しているようです。(詳細情報なし)

スタート地点から車道を少し歩き、「飯山グラウンド」のゲート脇から本格的なトレイルへコースイン。初っ端からなかなかの勾配があって先が思いやられたけれど、緩急が適度にあっていいペースで歩けます。

f:id:wondertrek:20171102222253j:plain

 

気がつけばスタート地点から30分程度で白山山頂に到着。展望台からは横浜方面から大山まで見渡せるパノラマが広がっています。この標高(283m)でもランドマークタワーがくっきり見えたのは意外です。

f:id:wondertrek:20171102222310j:plain

f:id:wondertrek:20171103215330j:plain


山頂からの尾根道を5分ほど進めば「白山神社」に到着します。小さいながらも白山池があり、傍らには龍の像が鎮座しています。ここは古くから雨乞いの霊地となっていたようです。こんな尾根でも絶え間なく水をたたえていることに神秘を感じます。

f:id:wondertrek:20171102222930j:plain

f:id:wondertrek:20171102222940j:plain

 

神社からまた尾根道を進み、「桜山」から「飯山白山森林公園」へ下っていきます。「紅葉の広場」といえども、紅葉具合はまだまだな感じがしました。

f:id:wondertrek:20171102222950j:plain

これで上りも終わりかと思っていたら、グルっと周って「男坂」なる場所へ。ここを登って再度白山山頂へ向かうことになります。その名の通りなかなか手強かった…。

 

山頂を通り過ぎて、下山ルートに入ると間もなく「長谷寺」に到着。ここまで来るとあとは車道を一直線に下ればゴールです。

f:id:wondertrek:20171102223023j:plain

 

感想

厚木市のホームページに掲載されているもみじコースの地図には「全長6.8km、高低差226m」とあり軽い気持ちで臨んだけれど、結局白山をニ登するのでそこそこの運動量はあります。下りには急な斜面はなくて、膝にも優しく、1人でも安全に下ることができました。初めてのコースだったので写真を撮ったり、ルートを確認したりで時間がかかったけど、ちょっとした空き時間にトレーニングができそう。自前のデータで比較すしたら、千畳敷カールから木曽駒ヶ岳ー宝剣岳をピストンしたときと同じ累積標高でした。これはなかなか!

帰りは裏道で帰ったら、10分で自宅に着きました。こんなに近かったのに、今まで訪れなかったことが残念です(しかも駐車場が無料ですし)。これからの気温が低いシーズン、十分に活用させてもらいます。

 

参考データ

駐車場

飯山観音

  • 桜や紅葉のシーズンの週末は混雑
  • 公衆トイレ(水洗)

f:id:wondertrek:20171103205440j:plain

飯山グラウンド

  • スタート地点から離れているがコースすぐ脇なので周回可
  • 仮設トイレ(あった気がします。次回来訪時に確認してきます。)

 

 GPSデータ

f:id:wondertrek:20171102234534p:plain

開始日時 2017/10/30 11:09:13 終了日時 2017/10/30 13:38:49
水平距離 6.24km 沿面距離 6.67km
経過時間 2時間29分36秒 移動時間 2時間12分21秒
全体平均速度 2.67km/h 移動平均速度 3.02km/h
最高速度 11.20km/h 昇降量合計 719m
総上昇量 365m 総下降量 354m
最高高度 305m 最低高度 63m

f:id:wondertrek:20171105195418p:plain

旧型のMacBook Pro(Mid 2015)をあえて新品で購入した話 2017.10.6

2017年10月6日にMacBook Pro(Mid 2015)を購入しました。

f:id:wondertrek:20171027211626j:plain

2010年にMacBook Airを買って以来なので7年ぶりの買い替えです。 さすがに7年経過するといつ壊れてデータが吹っ飛んでもおかしくない状態なので、清水の舞台から飛び降りてヘソクリがスッカラカンになりました。

MacBook Pro(Mid 2015)に決めた理由

最新型のMacBook Proが欲しいというのが本音ですが、さすがに30万円オーバーは高過ぎです。Touch Barも故障の原因になりそう。また、USB がType-Cのコネクターのみということで、今持っている周辺機器を使うには更なる投資が必要だし、SDカードスロットは本体に直付けされてた方が便利に決まってます。プロユースと同じ処理能力が必要なわけでもないので、割り切って2年前にリリースされたモデルに決めました。最新型じゃなくてもRetina displayなので画面がとても綺麗!メモリーも16GB搭載しているので、アプリもサクサク動くだろうし、将来のOSバージョンアップに対する備えも万全です。

どこで買うのが一番安いのか?

Apple製品はどこで買っても値引き額がほとんど変わらないのはよく知られたこと。少しでも安く買うためにApple公式の「整備済み製品」を買おうと思っていたけれど、どうやらヤマダ電機は「値引き+ポイント」があるらしい。 徹底的な価格交渉の結果、ポイントを加味すると新品なのに整備済み製品よりも大幅に安くなる条件を勝ち取ったので即決しました(フロア長の顔から笑みが消えていたのは言うまでもない)。


iPadを買ってからというもの、パソコンの使用頻度が大幅に下がっているのは残念な事実。せっかく買ったので今までやってみたかった写真のRAW現像や動画編集でもやって、何とかもとを取りたいなと思ってます。