読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろくまの宝箱

このブログでは、登山やカメラのこと、それらにまつわる買い物などを主に書いていきます。

展望と魅力のない百名山⁈@恵那山 2017.5.4

2017年5月4日、恵那山に行ってきました。今年の百名山巡りの第1弾です。

恵那山(標高:2,191m)

f:id:wondertrek:20170511224857j:plain

長野県阿智村岐阜県中津川市にまたがる中央アルプス最南端の山です。この地で生まれ育った島崎藤村の著書「夜明け前」にも登場しています。

山頂は樹木で覆われており、展望が全くないことで有名です。その展望のなさゆえ、相方に「百名山巡りの100番目に登ればいい」とまで言わしめた山です。

今回、登頂すれば百名山制覇か?と言われればそんなことはなく、この時期に金銭的にも技術的にも行ける山が「恵那山しかなかった」というのが前倒しになった最大の理由です。

 

行程

恵那山を日帰りで制覇するために最短の時間・距離で行ける「広河原ルート」を使用します。2001年に開通した新しい登山道です。ただし、このルート、裏を返せばそれだけ急登ということになります。

広河原ルートの最新情報を得るために、平日(5月1日)に阿智村役場へ問い合わせてみました。その結果は下記の通り。
・駐車場、および登山口までの林道に通行不可の場所はなし
・駐車場は20台、さらに昨年10台分増設したので連休でも満車の心配はない
・駐車場にはトイレ(洋式:簡易水洗)あり
・山の上部は雪が残っているので冬山装備を持参のこと


5月3日の夕方に神奈川を出発しました。高速道路は未明から大渋滞、ワイドショーでその様子を見ていたので道中を心配していましたが、夜には解消していてすんなりと車中泊地「ヘブンスそのはら」の駐車場に到着しました。新しい車で初めての車中泊です。

起床後、身支度をととのえてから広河原ルートの駐車場に向かいます。ここからだと約15分で到着できます。
駐車場に着いてみると、村役場の情報と反して朝6時には20台分のスペースは満車となっていて、増設されたスペースに停めることになりました。(その後も続々と車がやってきたようで、下山時には路肩にも多数駐車してありました。役場の担当者の認識は少し違っているようです。)

f:id:wondertrek:20170511213531j:plain

駐車場を出発して、本谷川沿いの林道を30分ほど歩くと広河原ルートの登山口に到着します。丸木橋を使って対岸に渡ると初っ端から急登です。全長約3kmのルート上には300mごとに案内板が設置され、進捗の目安として1/10、2/10、3/10…と記されています。この急登が5/10地点まで続きます。

f:id:wondertrek:20170511213549j:plain

急登が一段落すると次は残雪がルート上を覆いはじめます。先人が通った踏み跡を使えばアイゼン不要で登れます。ただし下りはアイゼン必須です。

 振り返れば雄大な南アルプス中央アルプスの山並みを見渡すことができます。もう少し標高があがれば御嶽山も見えてきます。

f:id:wondertrek:20170511213846j:plain

南アルプス

 

f:id:wondertrek:20170511213908j:plain

中央アルプス

 

f:id:wondertrek:20170511213924j:plain

御嶽山

 

山頂からの展望が悪いことはわかっているので、わずかなビュースポットも逃さないようにアンテナを張り巡らせます。

山頂が近づいてくると山肌は一面の雪。5月に入ったとはいえ、2,000m超のエリアではまだ雪山です。思うような歩幅では進めずに少し手こずりましたが何とか山頂へ到着。

事前の情報通り、山頂は木々に囲まれて全く展望はありません。「展望台」と呼ばれるものはあるものの、登っても「展望」がないのでただの「台」と呼んだほうが良いでしょう。三角点は雪の下でしょうか、確認できませんでした。

f:id:wondertrek:20170521212322j:plain

ご存知の方が多いと思いますが、恵那山には山頂(2,190.8m)とは別に最高地点(2,191m)があります。広河原ルートからだと山頂を通り過ぎて避難小屋まで下り、少し登り返した位置にあります。ただし、この場所ははっきりとした目印がなく、ネットで調べても諸説あってわかりません。そのためGPS受信機で位置をおおよそ特定し、周囲を見渡しても高い所がない場所を今回の山行の最高地点としました。

昼食は避難小屋まで戻ってとりました。本日のメニューは、恒例となった「豚汁うどん」とそのバリエーションメニューの「牛カルビクッパうどん」です。材料と少量のお湯を鍋に入れて煮込み、粉末のつゆのもとで味を調えて、温玉を入れれば完成です。失敗することもなく、アツアツのウマウマで冷えた体も温まります。難点は材料が重いこと。材料を全部かついできてくれた相方に感謝です。

f:id:wondertrek:20170521212344j:plain

避難小屋裏手の岩場に登ると南アルプスが一望できます。聖岳のうしろに富士山の山頂が少しだけ顔を出してくれました。

f:id:wondertrek:20170521212402j:plain

f:id:wondertrek:20170521212421j:plain

 

避難小屋でアイゼン(6本)を装着して下山します。太陽が高く昇って雪が緩んできましたが、アイゼンは十分に効いています。ルートを逆から見てみると、登りで何気なく歩いていた雪の上も、少しコースを外れた所は雪庇になっていました。調子にのって踏み跡のないところを歩いていたら…と考えるとゾッとします。

5/10地点の手前でアイゼンを外し、軽くなった足で一気に下山します。それにしても1区間300mがやけに長く感じます。膝も痛み始めましたが何とか無事に登山口へ到着。ドロドロに汚れたアイゼンは河原で洗っておきました。

帰りの林道には、行くときには無かった落石(約40cm)が砕けて道の真ん中に…。「落石注意」の看板は単なる脅しではないようです。いつ落ちてきても対処できるように用心が必要だと改めて思い知らされました。

 

まとめ

「恵那山は展望のない山」、「面白味のない山」といった口コミもありますが、実際に登った感想としては「口コミよりも遥かにいい山だった」といったところでしょうか。派手さはありませんが、登る人それぞれにいろいろな楽しみ方が出来ると思います。きっと地元の人には大切にされている山でしょう。
神奈川からは少し距離があるのでそう何度も訪れることはできませんが、いつか別の時期、別のルートで登ってみてもいいかなと思わせてくれる山歩きでした。

タイトルのように「恵那山は展望や魅力がない山か?」と問われれば、私はきっとこう答えるでしょう、「否(いな→えな→恵那)」と…。(冷汗)


車中泊

ヘブンスそのはら駐車場(24時間開放、トイレ未確認)
車で数分下った場所にきれいな公衆トイレあり(花桃の里の隣)

 

ルート上のトイレ

広河原ルート駐車場
恵那山山頂小屋(避難小屋)のそば

 

バッチ

ー広河原ルートには有人小屋がないため購入できず。
車での帰路、「湯ったりーな昼神」で購入。

 

 

f:id:wondertrek:20170511212240p:plain

開始日時 2017/05/04 06:11:38 終了日時 2017/05/04 14:30:50
水平距離 12.63km 沿面距離 13.31km
経過時間 8時間19分12秒 移動時間 5時間58分02秒
全体平均速度 1.60km/h 移動平均速度 2.23km/h
最高速度 10.13km/h 昇降量合計 2292m
総上昇量 1142m 総下降量 1150m
最高高度 2198m 最低高度 1100m


f:id:wondertrek:20170521220428p:plain

f:id:wondertrek:20170521234013p:plain

恵那山(日本百名山:40座目)

シカに出会った週末@塔ノ岳 2017.4.15

2017年4月15日、丹沢の塔ノ岳に行ってきました。

約1ヶ月ぶりの山歩きです。久々に登った割には、登りで自己最高タイムが出たのでちょっぴり嬉しい!

 

さて、登山を始めた6年ほど前は、塔ノ岳に登るとよく山頂付近でシカを見かけていました。目の前に来られると角が怖い…(写真は2013~14年に撮影)。ですが最近は遭遇することも少なくともなりました。どちらかというとネコに出会うことが多いかな?

f:id:wondertrek:20170420190342j:plain

f:id:wondertrek:20170420212731j:plain
参考画像

今回も山頂でシカに出会うこともなく下山を開始。それから40分、シカがいました!天神尾根分岐から少し上のベンチの辺り(標高1,120m:Google map参照)。

まだ幼いのか2頭とも体は小さめです。角も無く、お尻も白くてかわいいです。一生懸命に草を食べていて、なかなか頭を上げてくれませんでした。

f:id:wondertrek:20170420212848j:plain

f:id:wondertrek:20170420212906j:plain

少し調べてみると、神奈川県により植生保護のため、シカの駆除がなされているようです。かわいそうな話ですが、動物と植物のバランスよく共生するためには必要なことなのでしょう。あまり姿を見なくなったのもこれが原因の一つでしょう。

 

もっと大きく育った頃、山の中を駆け回る彼らに再会したいものです。

 

開始日時 2017/04/15 07:35:28 終了日時 2017/04/15 13:32:36
水平距離 13.75km 沿面距離 14.32km
経過時間 5時間57分08秒 移動時間 5時間02分31秒
全体平均速度 2.41km/h 移動平均速度 2.84km/h
最高速度 5.99km/h 昇降量合計 2428m
総上昇量 1212m 総下降量 1216m
最高高度 1496m 最低高度 290m

f:id:wondertrek:20170420214842p:plain

 f:id:wondertrek:20170420211446p:plain

初めて水琴窟を聴く@多摩青梅七福神巡り 2017.4.2

2017年4月2日、多摩青梅七福神巡りに行ってきました。

もう4月だというのに、遅ればせながらのチャレンジです。本来は神様が家にいるといわれる松の内(元旦〜1/15)に行うものなので、今回は神様の留守宅を訪問することになりますね。

f:id:wondertrek:20170411205821j:plain

特に決められた順路はないので、東青梅駅をスタート地点にして、遠くのポイントを最初に訪れ、最後はまた東青梅駅に戻るルートにしました。

 今回、気になっていたのはルート上にお店があまりないので、昼メシにありつけるかということ。結果的にランチタイムに青梅駅付近を通ることになったので、無事にいただくことができました。

食事をしたのは、青梅赤塚不二夫会館のそばにある「ボンボン亭」、スープ餃子のお店です。ランチメニューで500円とリーズナブルで満足でした。

f:id:wondertrek:20170411215915j:plain

 各寺院は立派な建物が多くて驚きました。都内の七福神巡りだと、敷地の都合でこじんまりしている建物が多い印象だったので…。庭園を見ながらベンチで休憩しているだけで癒やされます。

f:id:wondertrek:20170411205918j:plain

1番感動したのは、地蔵院の水琴窟。水琴窟は地中の空洞に音を反響させるような仕組みで、そこへ連続的に水滴を落として発せられる音を楽しむ日本庭園の装飾の1つです。どんなものかは知っていましたが、実際に耳にしたのは初めて。竹筒に耳を近づけると、とても澄みきった心地良い音色が聞こえてきます。これはぜひ体験してもらいたいです。あとで調べたら、宗建寺にも水琴窟があるようです。こちらも聞いておけば良かった。

f:id:wondertrek:20170411213227j:plain

 最初の目的地の聞修院に向かう際、道を間違えてしまいましたがそこには美味しそうなパン屋さんが!開店前だったので外からながめるだけでしたが、店外にある薪釜にバゲットを入れているところでした。機会があれば再訪したいですね。

f:id:wondertrek:20170411205725j:plain

Konohapan 山の麓のベーカリー&カフェ 薪窯パン工房 木の葉

 

無事に7つの寺院を巡ることができたので、今年も(今年こそは?)、幸せと財産が訪れてくれることでしょう。

f:id:wondertrek:20170411214731p:plain

開始日時 2017/04/02 08:11:22 終了日時 2017/04/02 14:17:33
水平距離 16.67km 沿面距離 17.27km
経過時間 6時間06分11秒 移動時間 4時間47分37秒
全体平均速度 2.83km/h 移動平均速度 3.60km/h
最高速度 22.56km/h 昇降量合計 829m
総上昇量 445m 総下降量 384m
最高高度 326m 最低高度 150m

f:id:wondertrek:20170411214453p:plain

f:id:wondertrek:20170411213252p:plain

山頂でホットサンドを喰べる@棒ノ折山 2017.3.19

2017年3月19日、棒ノ折山(ぼうのおれやま)に行ってきました。

棒ノ折山は、奥多摩町と埼玉県飯能市との境にある標高969mの山です。青梅ICから約40分、圏央道が開通してから、このエリアに来るのは楽になりました。

さわらびの湯の第3駐車場に車を停め、隣の売店前にあるトイレで身支度を整えてからスタートです。「白谷沢登山口」は有間ダムを渡ったところにあり、そこまでは車道を30分弱歩きます。

f:id:wondertrek:20170405000215j:plain

登山道に入るとしばらく沢沿いに進み、何度か渡渉します。数ヵ所に滝があったり、ゴルジュ(両側の岩壁がせばまっている谷)があったりでなかなか楽しめます。山頂への分岐点にある「岩茸石」はとても大きな岩です。俗にいう「登るべき岩」というやつでしょうか?!ここからの階段は一部崩れているところがあるので注意が必要!

f:id:wondertrek:20170405000249j:plain

山頂はとても広々としており、公園のようです。年末に登った武甲山が見えました。北関東の山々も見えるようですが、春霞のせいかよく見えません。真冬なら空気が澄んでいてよく見えたのかな?残念ですが、春の訪れが近いということで良しとしましょう。

f:id:wondertrek:20170405000317j:plain

昼食はホットサンド!バウル―をかついで登りました。ライ麦パン(焼きそば・ソーセージ・チーズ)とパニーニ(ソーセージ・玉子焼・トマト・チーズ)の2種類。切り口の写真がないと美味しさが伝わりませんね。やはりバウルーはシングルを使って、ナイフで2分割した方が写真映えするかなと思います。

下山は先ほど通過した岩茸石まで戻り、滝ノ平尾根を下ってさわらびの湯に到着しました。トイレの前の売店で「狭山茶コーラ」を購入しましたが、260円出すのならビールもありだなと思ったりして…、車なので飲めませんが。

年が明けてからは低山ばかりで体がなまりがちです。夏山シーズン前にトレーニングをしないとバテバテな1年になりそうです…。頑張らないと!

 

駐車場
さわらびの湯駐車場(無料):150台
(登山者は第3駐車場を利用とのこと)

f:id:wondertrek:20170404235345p:plain

開始日時 2017/03/19 08:25:48 終了日時 2017/03/19 12:58:31
水平距離 8.95km 沿面距離 9.64km
経過時間 4時間32分43秒 移動時間 3時間31分31秒
全体平均速度 2.12km/h 移動平均速度 2.73km/h
最高速度 7.65km/h 昇降量合計 1727m
総上昇量 859m 総下降量 868m
最高高度 977m 最低高度 192m

f:id:wondertrek:20170404233944p:plain

f:id:wondertrek:20170404234216p:plain

 

ステップワゴン スパーダがやってきた!@2017.3.10

5代目の愛車となるSTEP WAGON Spada (RP3型)が納車されました。

f:id:wondertrek:20170331212318j:plain

ここ20年、トヨタばかりを乗り継いできたので、ホンダに鞍替えするのはいろいろな面で不安がありました。しかし、ディーラーの担当営業さんと話し合ったり、納車後に数百kmほど運転をしたりすることで、その不安を払拭することができました。

普段は数名しか乗車しないので、Mクラスのミニバンはオーバースペック気味。ですが車中泊で脚を伸ばして寝たかったのでこの車が欲しかったのです。

さて、この車でどんな体験ができるのか、これからの冒険が楽しみです。

 

神奈川のご当地アルプスで里山歩き@日蓮アルプス 2017.3.5

2017年3月5日、日連アルプスに行ってきました。
昨年の「相州アルプス」に続いて、神奈川のご当地アルプス第2弾となります。

「日連アルプス」って全く聞き覚えが無いのですが、JR中央本線藤野駅から周回できるご当地アルプスです。陣馬山から丹沢山蛭ヶ岳方面を見たときに、そのふもとに広がっている里山から構成されている低い稜線のようです。最も高いところでも標高500mにも至りません。「日蓮」は「ひづれ」と読み、このあたり一帯の日連(ひづれ)地区から命名されたと思われます。てっきり僧侶の「日蓮(にちれん)」にゆかりがあるのかと勘違いしていました。

中央自動車道を走っていると山腹に突然現れる「緑のラブレター」、これがスタート地点の藤野駅から良く見えます。ここから車道を歩いて、大きな橋を渡って少しするとコンビニ(スリーエフ)があります。おやつの補充がてら、お手洗いを拝借させていただきました。これを逃すと下山までトイレはありませんのでご注意を。金剛山登山口までは駅から20分程度、日当たりがあまり良くないためか空気がとても冷たいです。

f:id:wondertrek:20170326224319j:plain

里山なので登山道は細いですが、しっかりしていて危険なところはありません。ですが意外と勾配が急なので、不慣れな方はゆっくり休憩を取りながら登ったほうが良いでしょう。振り返れば展望がある場所もありますよ。

30分ほどで広々とした「金剛山」山頂に到着、金剛山神社でお参りします。テーブルもあるので食事でもしたいところですが、駅を出発して1時間もたっていないので先へ進むことにします。

f:id:wondertrek:20170326224424j:plain

次のピークの「峰山」は、縦走路から少し外れたところにあります。このコースで見晴らしが1番良いところかな?陣馬山滝子山など中央本線沿線の山々が良く見えます。ここで引き返して本線に戻りましたが、この先にもう一つのピーク「八坂山」があるようで、そちらのほうがさらに景色が良さそうです(案内板で気が付きました)。

いざ杉峠へ!フォークで造られた小さな案内板が可愛いです。それにしてもこのコースは人に全く会いません。最初に遭遇したのは、犬の散歩に来ていたビーチサンダル履きの男性でした。

f:id:wondertrek:20170326224505j:plain

杉峠でまたコースから外れて鉢岡山方面へ。なだらかな登山道を進んでいくと廃屋やら朽ち果てた車やらが現れます。そんなこんなで、あっという間に山頂へ到着です。展望はほとんどなく、かろうじて富士山頂がチラリと見える程度。大きくコースを外れてきた割には得られたものが少なかったかも?

杉峠の分岐まで戻って、昼食が取れるスペースを求めて先へ進みますが、なかなか見つかりません。いつの間にか最後のピーク「宝山」に到着してしまいました。ベンチ・テーブルなどは無かったので、このまま下山しても良いかな?と思っていたのですが、せっかく材料を背負ってきたので、ここでランチをとることに。今日は豚汁とカレーのレトルトパックを使用したうどんです。美味しそうに写真を撮るのは難しいですね…。

下山コースには急なところが一部あり、ロープを頼りに下りるところがあります。これさえ乗り越えれば難所はありません。宅地を通り抜けて、橋を渡って駅へ到着!

f:id:wondertrek:20170326224553j:plain

駅から徒歩で周回できるご当地アルプス。ガッツリ登りたい人には物足りないと思いますが、お手軽に縦走気分を味わいたいかたには良いのではないでしょうか?
ただ昼食をとるのに適した場所が金剛山山頂にしかないので、食べるタイミングが難しいですね。宝山あたりにベンチでも欲しいところです。

f:id:wondertrek:20170326230154p:plain

f:id:wondertrek:20170326230208p:plain

f:id:wondertrek:20170322001041j:plain

なめこうどんの山へ@陣馬山-影信山 2017.2.12

2017年2月12日、陣馬山に行ってきました。
陣馬山は八王子・藤野エリアにまたがる標高854.8mの山です。今回は陣馬高原下バス停からのルートで登ります。高尾山からも縦走して来ることができます。

高尾駅からバスで陣馬高原下へ向かいます。たどり着いた地は薄暗く、アスファルトも凍るような氷の世界。歩いても、歩いても体が温まりません。

f:id:wondertrek:20170323055514j:plain

4年ほど前、初めてこのコースを登った時は急坂のイメージがあったのだけど、いろいろと場数を踏んだおかげか苦しむことなく1時間ほどで山頂へ。

バス停では想像もできなかった雲一つない青空、向かいの丹沢山系や富士山がくっきりと見えました。遠くに見えるのは南アルプスかな?こんな天気の良い日は、心なしか馬の像もいつもより男前に見えますね?!

f:id:wondertrek:20170323055539j:plain

ここからは尾根沿いに影信山へ。近いようだけど地味に2時間以上かかりますね…。
そんなこんなで山頂に到着。景信山の山頂標をまじまじと見たのは初めてかも?
せっかくなので、今日は自炊せずに三角点かげ信小屋の名物「なめこうどん」をいただきました。プチ贅沢!柚子と七味の風味がいい感じです。

f:id:wondertrek:20170323055611j:plain

食後はそのまま小仏バス停に向かって下山です。バス停手前に移動販売車によるカフェが出てました。ビールやホットワインもあるようです。意外なところにビジネスチャンスを見つける人がいるものです。

陣馬山は今回で3回目。全て陣馬高原下バス停からのスタートなので、次は別コースでチャレンジするのもいいかな?

f:id:wondertrek:20170323215521p:plain

f:id:wondertrek:20170323215531p:plain

f:id:wondertrek:20170322001031j:plain